彫り札屋の喧嘩札サイズ・仕様

・浮き彫りの証「刃紋」もしっかり入ります。
・鋳物やレーザーとは異なり、文字・家紋を滲みなくクッキリ浮かび上がらせます。

サイズは「小・大」の2サイズ展開

  • 金属なので木札に比べたら、かなりの重量感があります。
  • お子様や小柄な方は「小」をおススメ。
  • 「大」は相当目立ちます。
  • 男性のお客様は、「大」でちょうどよい位です。
  • 他のアクセサリーと重ね付けする方は、「小」でもよいかもしれません。
画像クリックで拡大

・上記は「基本仕様」となります。
・承れない事もありますが、ご変更などありましたらご相談願います。

仕様に関して

  • サイズ(小):横25x縦50mm
  • サイズ(大):横25mmx縦62.5mm
  • 板厚:4mm
  • 紐穴:直径3mm
  • 加工方法:真鍮材に直彫り
  • 注意:丸カン・紐・チェーンのご用意はございません。
  • 真鍮ですので色味が変化していきます。

伝統ある金属:真鍮

  • 関東圏のお祭りは数多く伺いましたが「この喧嘩札は真鍮製だよ」という担ぎ手の方は、未だお会いしておりません。
  • 真鍮は古来より装飾品の一部として「神輿飾り・仏具」などにも使用されている伝統的な受け継がれていく金属です。

豪華絢爛な飾り。何代も続くお神輿にも真鍮は使われています。
神輿販売店「宮本卯之助」様より

シブヤ彫刻49年の技術で金属彫刻

  • 「彫刻の技術があるのに勿体ない!」と思い、小さな事でもお神輿・お祭りと関われないかと思い「喧嘩札」の製作を始めました。
  • 今までの縁もありますので「真鍮」を彫り札屋では使用させていただき、神輿と共に何代も渡るお守りとしてお作りさせていただいております。

金属を直接彫りおこす「直彫り」

  • 彫り札屋では『金属を刃物で直に』彫刻しております。
  • 浮き彫り(浮かし彫り)とも呼べる伝統の彫刻法で、材料の製作から「工具(刃物)」も手で研ぎ製作しております。
  • 一品一品気が付かれない程の微細さではありますが風合いが異なります。

刃研ぎも自身で。一枚の喧嘩札を作成するのに「6本」の刃先が異なる刃物を使用します。

直彫りでしか表現できない綺麗さ

  • 直彫りはインクや焼き付けではないので「滲み・擦れ」が無いのでキリっと文字・柄を浮かび上がらせます。
  • 喧嘩札と言えば、現在の主流は「木にレーザー彫刻」が多いでしょうか?
  • 「鋳造製」もありますが、彫り札屋とは製造方法が異なりますのでご留意ください。
  • 下記のリンクで製造方法の違いを説明をしておりますのでよろしければご利用ください。

HPでは伝えきれない細かなご案内です。

  • 不定期更新ですが、喧嘩札にまつわる内容のテーマを決めブログでご紹介しております。
  • ここでは一部をピックアップしていますが、内容が濃い・長いですが励みになりますのでご興味ございましたら一読頂けると幸いです。
  • 下記インスタグラムでも製作事例の紹介をしております。

彫刻家が作る「印章」

彫り札屋の職人が作る「印章」のご案内。全面に彫刻を施した逸品です。和柄をあしらう彫刻は何処にもない「印章」となります。

喧嘩札が出来るまで

オーダー喧嘩札の作業工程を写真を交えご紹介。デザイン起こし~彫刻作業までの流れをご案内。ブログ限定の「枠デザイン」も公開中。

家紋の意味ってなに?

よく目にする家紋ですが、なぜ喧嘩札に入っているのでしょう?カッコいいから?それもありますが色んな意味合いやゲン担ぎでもあるんです。

デザイン・ロゴの入稿に関して

(画像クリック拡大)

Cは梵字ですが、お好みロゴに変更可能です。

・企業ロゴや団体様代紋・キャラクター・校章・県章・などを挿入ご希望の場合は下記アドレスへ別途送信をお願いいたします。

・データは「イラストレータ・アウトライン付き白黒データ」にて、お名前・電話番号の記載をお願いします。

・ご不明な点はお電話にてご案内いたします。※家紋の正式名称を探すなら:おススメサイト(外部ページへ移動します)

データ入稿:data@horifudaya.jp

受付時間
24時間メール・デザイン診断受付
診断結果
2営業日以内にデザインサンプルをご返信いたします

お問合せ・ご相談

開業48年の豊富な経験と高い技術

彫り札屋@シブヤ彫刻

〒355-0076 埼玉県東松山市下唐子1934-35

お電話でのお問合せはこちら

0493-81-3065

FAXでのお問合せはこちら

0493-25-0236
営業時間
9:00~11:30/13:00~16:30
定休日
土曜・日曜・祝日・当社指定日
TOP